フォローする

文化の違い 英語の疑問

くしゃみをしたら『Bless you』海外では当たり前の英会話

2018年9月24日

ガスマスク男

くしゃみをすると英語圏の方は「Bless you」や「God bless you」と言ってくれます。

日本でくしゃみの後に言われる言葉と言えば、「大丈夫ですか?」や「お大事に」「風邪ですか?」など決まった言葉はありませんよね。

なおかつ、この気を使った言葉はお互いがある程度『顔見知り』だった場合に使われます。

ですが英語圏で使われる「Bless you」は知らない他人にも言ってあげるんです。

その「Bless you」の意味となぜ言うのかを理解して、ネイティブに言ってみましょう。

 

「Bless you」の意味・理由は?

子供の笑顔

まずBless youの「Bless」の意味は(神が)恵みを与える・祝福するという意味で、直訳すると【あなたに神のご加護がありますように】というキリスト教に由来するお祈りの言葉です。

英語圏ではキリスト教じゃなくても日常的に使われ、気軽に使われます。

なぜBless youと言うのか?

英語圏ではくしゃみをすると「口から魂が抜ける」だったり「良い気が抜けて悪い気が入ってくる」みたいな迷信があるので、くしゃみをした人に対して「Bless you」と声をかける習慣があるんですね。

 

「Bless you」と言われた時の返答

もしあなたがネイティブにBless youと言われたら「Thank you」か「Thanks」と返すだけでオッケーです。簡単ですね。

赤の他人がくしゃみしたからと言ってシカトしてはダメですよ!必ず「Bless you」と言ってあげましょう。

でないと不穏な空気が流れるので、恥ずかしがらず積極的に言ってみて下さいね。

-文化の違い, 英語の疑問
-

Copyright© Yellow English , 2019 All Rights Reserved.