フォローする

勉強法 英語の疑問

発音を強化すればネイティブの英語が聞き取れる!

2018年10月8日

ネイティブの話す英語はなかなか聞き取れませんよね。。

早口だし、ほとんど息継ぎなしだし似たような発音多いし(笑)

色々な理由がありますが、あなたの発音を強化するだけで英語がみるみる聞き取れるようになります。

※よくある詐欺商材とかの宣伝ではないですよw

 

 

 

なぜネイティブの発音は聞き取れないのか

男女の会話

ネイティブの発音はなぜ聞き取れないのか考えてみましょう。

 

知っている単語でもネイティブが発音すると聞き取れない

それは英語の発音で覚えていないからなんです。

英語の授業のときに先生は発音も一緒に教えたかもしれませんが、発音の仕方ってなかなか覚えていないものです。

正しい発音ではなくカタカナ読みで覚えてしまっているので、全く違う発音に聞こえるわけです。

 

まだ自分で発音できないから聞き取れない

日本語にはない母音や子音がたくさんあり、日本人が聞いてすぐ発音するのは難しいです。

自分が発音できない言葉はまだ脳が言葉として認識していなく、「音」として聞き流してしまうんです。

なので発音できるようになれば言葉として認識し、ネイティブの発音でも聞き取れるようになります。

 

発音の効果的な練習方法

人間の脳

英語学習初心者は最初から単語を暗記しがちですが、発音の練習をすっ飛ばしてはいけません。

 

フォニックスを使って基礎を固める

フォニックスは英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発されたものです。

大人用の教材もあり、単語の発音・結びつきのルールが身につくとかなりの定評があります。

 

音声付きの教材でシャドーイングする

自分の気に入ったCD付きの教材を買い、リピーティング・シャドーイングを完璧にできるようにします。

最初は文章を見ながら行い、覚えてきたら何も見ないでシャドーイングしてみましょう。

聞き取る能力が格段に上がるのを実感できます。

 

まとめ

発音の基礎をマスターするとスピーキング・リスニングの面でとても役に立ちます。

日本人に植え付けられたカタカナ英語を脱却しないと、ネイティブの英語は僕たちの耳には入ってきてくれません。

一度身についた間違った発音を矯正するのはなかなか難しいので、最初の内にキレイな発音を身につけましょう。

-勉強法, 英語の疑問
-

Copyright© Yellow English , 2019 All Rights Reserved.